神明神社
HOME
由緒
豆知識
ご祈祷
年中行事
リンク
お問い合わせ
ABOUT US
【社名】
神明神社
【住所】
〒551-0023
大阪市大正区鶴町2-7-29
【電話番号】
06-6551-4831
【FAX番号】
06-6551-4845
http://www.shinmei-ozaki.com
由緒

由緒とは、物事の由来した端緒であり、物事が行われる根拠のことをいいます。
当神明神社の由緒について紹介します。
由緒について

本社御祭神

天照皇大神・八幡大神・春日大神

摂社
橘稲荷神社

末社
琴平宮島二柱社、桜根稲荷社、出世天満宮

創祀
西暦1600年頃

来歴
始め後陽成天皇の御代に京都の西院に祀られました。
徳川家康の外孫で後に養子となった松平忠明が、大阪夏の陣に向う途中
当社で戦勝を祈願し、華々しい軍功を立てました。
その後の論功行賞で大阪城主となった忠明は、神明神社の霊験灼かなりと、
大阪城・町中の守護神として元和2年京都から大阪蝋燭町
(後の内平野町)に遷されました。
爾後朝日の神明・夕日の神明と共に大阪三神明の一つに数えられ、
南面の当社は日中の神明又は照日の神明と称せられ、三郷(南・北・天満)町中の
祈祷の社として尊崇され大阪の祈祷所と呼ばれました。
往時の社地は広大でしたが、時代が下るに連れ狭小し、松屋町筋拡張工事が
境内地にかかる事となる折、特に大正区鶴町住民の熱烈な誘致により、
大正13年8月鶴町・鶴浜通・福町・船町の氏神として鶴町一丁目に遷座奉齋してまいりました。
大東亜戦争で青銅製の神馬を供出。昭和20年3月13日、同年6月1日の戦禍で、
摂社以外の社殿や社務所、倉庫、祭具、書画宝物、神社の記録まで一切焼失しました。
昭和23年10月地元会社氏子有志の篤信により復興。
昭和28年10月土地区画整理の為、現在地に遷座致しました。
社殿としては戦後の材料難から充分なものではなかったため、氏子崇敬者会社工場の
御奉賛をいただき昭和52年6月本社殿御造営。昭和60年玉垣竣工。
平成2年10月末社・神輿庫・手水舎御造営。
平成10年長年の懸案であった区画整理換地精算完了。
 
Copyright (C) 2004 shinmei All Rights Reserved